上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ヴィレッジ/パッケージ

監督    M・ナイト・シャマラン
アイヴィー ブライス・ダラス・ハワード
ルシアス  ホアキン・フェニックス
ノア    エイドリアン・ブロディ
エドワード ウィリアム・ハート
アリス   シガニー・ウィーバー

いわゆる狼男物。「狼男アメリカン」「ウルフ」「キャットピープル」とは違った斬り口で狼男を描いた映画。

・・・というのわ全くのウソ。あの「シックス・センス」のナイト・シャマラン監督の作品はラストの「落ち」に命があるのだが、この作品は「落ち」た後にも、いろいろ考えさせられる。それは犯罪と子育ての話だ。そして社会を運営する際に優先する価値についてだ。

「セブン」のサマセット刑事は恋人に自分達の子供を堕ろさせた。「この社会で子供を育てる価値はない」というのだ。「ヴィレッジ」の長老たちはサマセットと同じ境地に立ったが子供を生み育てた。近代経済システムから断絶した「村」で。

見終わった後、長老たちの閉塞的な選択は先細る予感しかしない。しかし、なにかしらの示唆も感じる。子供が埋葬されるシーンから映画は始まる。ここをポイントに考えてみる。長老たちは「子供が死ぬこと」自体は受け入れることができる。その覚悟を「ヴィレッジ」を創る際にしたのだ。では子供の治療の可能性を著しく減らしてでも「村」に築こうと価値とは何なんだろうか?

陳腐ないい方だが「幸せ」だろう。「自由や真実」よりも「幸せ」のほうが大事。「自由や真実」の方が重要だ、という気分が凝り固まったときには「本当にそうか?」と考えを洗い直すのに。この映画は使えるかもしれない。
スポンサーサイト
10/23|未分類コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
この記事にコメント
名前:
タイトル:
メール:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
エイドリアン・ブロディ
エイドリアン・ブロディエイドリアン・ブロディ(Adrien Brody, 1973年4月14日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市出身の俳優である。ハンガリーのフォトジャーナリスト・ジュルヴィア・プラヒー Sylvia Plachy と、退官したポーランド系ユダヤ人の歴
2007/03/27(Tue) 01:54:38 |  はなの記録
プロフィール

竜胆ヒマワリ

名前:竜胆ヒマワリ
職業:イラストレーター
バーナー/リヴァイアサン/ピンク

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。