上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ドリームキーパー&メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

どちらともアメリカの荒地を南下するマッタリロードムービーで、その道中で大事なコトが老人から若者へと継承されていく構成です。「アホでマヌケなアメリカ白人」を叩きたくなる気分もありますが、こういう映画を見ると彼らの方が日本人よりも「先祖からの魂の遺産」を沢山受け継いでいるんじゃないか?彼らの方が「マットウなコト」とか「正義」とかを正確に受け継いでいるのではないか?と羨ましくなります。
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

アメリアの自由や民主主義はヨーロッパからの近代人が人工的っただけではなく、北米先住民やメキシコ人の知恵が深い奥行きを与えている、そう考えた方が「アホでマヌケなアメリカ白人」というステレオタイプで考えるよりもフェアです。日本人が得るモノも多いんじゃないかな。
スポンサーサイト
04/20|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
タイトル:
メール:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

竜胆ヒマワリ

名前:竜胆ヒマワリ
職業:イラストレーター
バーナー/リヴァイアサン/ピンク

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。