上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ネットで「パク・チャヌク監督の復讐三部作」について見て回っています。う〜ん面白い。映画本編を見るのと同じくらい面白い。私は『親切なクムジャさん』『オールド・ボーイ』『復讐者に憐れみを』の順番に好きなのですが、特に『親切なクムジャさん』に大きな価値を置いています。が、同じ復讐三部作好きでも、順位が逆の人が結構多いんですよ。一枚のCDアルバムの一番嫌いな曲が友達は一番好きで、一番好きな曲が友達は一番嫌いだったりするのに、2人ともアルバムは大絶賛という状況に似た感じ?

というわけで『親切なクムジャさん』が前二作よりも深い!というポイントを力説してみます。

★『復讐者に憐れみを』全体を俯瞰するマクロの視点。他者(姉や部下)がどんな苦しみの中で生活し、何を思っているのかは知ろうとしても知りきれるものではなく、最初から知ろうとしないのなら尚更です。そのうえ、この世界には事故だって起きます。障害を持って生まれるコトもあります。人の因果、人の縁は人智では把握仕切れるものではないのです。

★『オールドボーイ』登場人物を絞り、その宿業のキッカケをミクロの世界まで拡大して見る。「砂粒であれ岩の塊であれ水に沈む時は同じ」の砂粒への視点です。しかし、一粒の砂も見逃さずに生きるコトなどできません。

★ではどうすればいいのか?そこで『親切なクムジャさん』は「小さな罪には小さな罰を、大きな罪には大きな罰を」の肌理(きめ)細かさが登場します。クムジャさんがケーキ作りの天才であることは「女性的な計量能力の高さが要求される芸術」の象徴がケーキ作りだからです。「砂粒であれ岩の塊であれ水に沈む時は同じ」のようなドンブリ勘定では、この世の混沌を受け入れ、なおかつ秩序をもって暮らすコトなどできません。男性的な理屈や合理性でも、「幸せ」にはチト遠い。

スポンサーサイト
01/19|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
【映画】

マトリックス&うる星やつら2〜ビューティフルドリーマー 押井守の遺伝子
 マトリックス&ドフトエスキー 仮想と現実・善と悪
親切なクムジャさん1 パク・チャヌク監督の復讐三部作
 親切なクムジャさん2 パク・チャヌク監督の復讐三部作
セブン1 熱血漢のミルズ刑事とニヒルなサマセット刑事
 セブン2 人生を戦う価値
 セブン VS 羊たちの沈黙 ジョン・ドゥ VS ハンニバル・レクター
 セブン VS 羊たちの沈黙 デヴィッド・フィンチャー VS ジョナサン・デミ
ラストサムライ サムライファンタジー

【神話】

オイディプスとスフィンクス スフィンクスを救う法
ナマハゲ考 子供・若者・大人の役割


【社会】

イジメテミタイ
01/19|カテゴリーリストコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』『親切なクムジャさん』

パク・チャヌクの復讐三部作

映画には様々な快楽があります。美しい映像、俳優さんの演技の技、シナリオの妙、印象的なファッション、独特の舞台。その中でも「新しい視点」を授けられるのは特に大きな喜びです。この『親切なクムジャさん』には、その喜びがありました。

この映画はパク・チャヌク監督の復讐三部作『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』の最後を締めくくる作品だそうで。私は『オールド・ボーイ』を始めに見て「なんて痛くて、なんて救いのない映画なんだ。でも、まぁまぁ面白いかな。迫力がある」という印象でした。いわゆるどんでん返し系のシナリオと執拗な暴力描写を魅せる映画でしたが、テーマの深みとしては「凝っているが薄っぺら」という印象でした。ですので『親切なクムジャさん』にも、女優イ・ヨンエの衣装&表情の七変化と監督の映像美ぐらいしか期待していませんでした。

…ところがコレが爽快さと重量感を伴って裏切られます。復讐とは何か?因果とは何か?救いとは何か?人間は日々をどうやって生きているのか?
これは『復讐者に憐れみを』も見なくては。

01/15|未分類コメント(2)トラックバック(3)TOP↑
プロフィール

竜胆ヒマワリ

名前:竜胆ヒマワリ
職業:イラストレーター
バーナー/リヴァイアサン/ピンク

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。