上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
復讐論

右の頬を叩かれたら叩き還す。復讐は理解できるし共感できる感情であり、社会システムとしても犯罪抑止効果がある。「憎しみの連鎖を繰り返すだけ」という側面もあるが、人間は戦争を幾度も引き起こしているが絶滅には至っていない。

【1】戦争とは平和な社会システムが誰かに破られた場合に「味方」の絶滅を防ぎ、再び平和な社会システムに復帰するために起こる社会システムである、という言い方ができる。戦争による市場開拓と軍需景気を引き起こす場合は「復讐論」は利用できる。また平時においては、不安を煽り「無いモノを売り歩く」産業で社会システムを維持している。つまり人間は「復讐論」はコントロールできるし、利用している。

【2】そこで復讐ブームによる極端なモラルハザード(大量殺人症候群)が発生した場合についても想像してみる。警察&司法の機能を越えるほど瞬間的&大量に発生し、個々の犯罪者を確保できず、罰も与えれず、更生させることも出来ない状況だ。(これが自然発生する例など過去になかったと思うし、将来もないと思う。イメージとして近いのはルワンダ紛争とか北斗の拳とかゾンビ映画とか?)この状況から利潤を上げ続けるのは、どんなに強い人でもどんなに頭が良い人でも難しい。

また大量殺人症候群のようなモラルハザードが発生した時点で、自分の命を守る意味・他人の命を守る意味・「敵討ち」をする意味も失われる。このような虚無状況に陥らないためには「生きる意味の基盤をモラルにおかない」ことで避けれるが、それでも北斗の拳みたいな世界にしかならない。

私達は【1】の「混乱と秩序の中間を繰り返すだけの生活」を今まで営んできた。しかし「復讐」という人間の本質さえも利用する【1】の世界の価値を放棄する犯罪者が出現してきた。死刑を望む殺人者だ。他人の利益どころか自分の利益すら考えない人間なので、損得で人間の行動をコントロールする(1)のシステムでは抑止しきれないのだ。

スポンサーサイト
11/30|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
スフィンクス

本家サイト「バッカナール」の掲示板【353】でスフィンクスの話題をした。しかし、うまく流れに乗れなかったので管理人の竜胆ヒマワリの独断で再編集させてもらった。

管理人 …ひとつ考えてみてはくれないか。
    「なぜスフィンクスは身を投げた?
     どうすれば『彼女』を救えた?」

___________________________________

ゲヘナ  なぜスフィンクスは身を投げたのか?
     自分の知恵を凌駕する者が現れたから?
     自分の力が矮小な人間に劣ることを証明させられたから?

           違う(NO)

     スフィンクスは知らなかったのだ。
     問いに答えがあることなど。
    「彼女」の問いこそ答えであり、答えこそ問いであったのだから。

     しかし彼はこの問いを解いてしまった。
     答えの無い問いに答えを創り、
    「彼女」に反論の余地を与えなくしてしまった。
     だから「彼女」を救えなかった。

     答えを創れば「彼女」は救えず、
     答えなければ「彼女」を救えない。
     どうすればよいのか?どうしたらよいのか?

     私ならこう答える。
    「貴方がもう問いかけないと約束するのなら、
     私は答えをいいましょう。」

           YES or NO?

___________________________________

管理人  しかし彼女はすでに問い、あなたの答えを黙して待っている。
    (いままで数千年も、これから数万年でも)
     その年月は彼女の心体を固くし重くし
     やがては「石の海」にさえ沈めるだろう。
    (問いも生まれず、自死さえ浮かばない凍った世界)
     その水底には、多くのスフィンクスの石像が積もり
     やがては、この星さえ潰しかねない。
    (あの「オイディプスのスフィンクス」は、そうなる前に自死を選んだ)

___________________________________

ローロー かつて存在した異形の暴風テュポーン
     かつて存在した魔妊の妖女エキドナ
     それらの凶悪な染色体を配合した魔の因子たち

     おぬし等の言うスフィンクスも魔の因子

     いくら高い知能を持とうが いくら崇高な言葉を吐こうが
     自らの意思と関係なく現世に悪影響を与える
     そうインプットされているのだ

     もう心の墓を荒らす必要もなかろう
___________________________________

スフィンクスも近親相姦によって生まれた。この神話の営み断ち切り、新たな時代へと入るための岐路がスフィンクスの謎掛けのシーンである。つまり、岐路の道標として立ち塞がったスフィンクスをオイディプスは自死に追い込み、再び悲劇の輪廻に突入してしまう。まさに劇的悲劇だ。

ゲヘナ氏が「彼女」の問いこそ答えであり、答えこそ問いであったのだからと語っているが、これはスフィンクスのナゾの構造の本質に迫った言葉だと思う。

 つまり、 スフィンクス「人間とは何か?」
      オイディプス「人間とは人間である!」
      スフィンクス「ガーン!」…絶望→身投げ⤵

「オイディプスのスフィンクス」にとって「人間が人間である」だけであることは絶望なのだ。オイディプスは「人間とは宿業を繰り返し繰り還すだけの存在だ」と知らずに宣言しているのだから。それはスフィンクスに掛けられた近親相姦の呪いの断ち切りに人間は失敗し、それを受け継ぐkとになるのだ。

11/17|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

竜胆ヒマワリ

名前:竜胆ヒマワリ
職業:イラストレーター
バーナー/リヴァイアサン/ピンク

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。